韓国語の依頼表現をマスターしよう

韓国語の依頼表現をマスターしよう
  • URLをコピーしました!

本記事では、韓国語の依頼表現を徹底解説しています。

本記事が提供する価値

  1. 韓国語の依頼表現
  2. よくある質問「-(으)세요」と「-아/어 주세요」の違い

韓国語オンラインレッスン受けるなら

スクロールできます
KvillageコリアンカレッジDMM英会話ハングルマッチ
■グループレッスン
・550円/1回
■マンツーマンレッスン
・4,400円/1回
■マンツーマンレッスン
・7,500円/月
・12,000円/月
・15,400円/月
■マンツーマンレッスン
・月額会員(12,980円)
/月8回
月額会員(19,880円)
/毎日
■マンツーマンレッスン
1回1,300円〜
■おすすめの人
できるだけお金をかけずに韓国語を
学習したい方
■おすすめの人
マンツーマンで徹底的に韓国語学習を
サポートして欲しい方
■おすすめの人
毎日韓国語に触れたい方
(注意点:先生は日本語が話せない)
■おすすめの人
費用をできるだけ抑えて、韓国語を学びたい方
レビュー記事はこちらレビュー記事はこちらレビュー記事はこちら-
↓キャンペーン情報↓
無料体験レッスンはこちら
↓キャンペーン情報↓
無料体験レッスンはこちら
↓キャンペーン情報↓
DMM無料体験はこちら
↓キャンペーン情報↓
無料チケットはこちら

できるだけコスパよく韓国語を学習したい方は「安い・おすすめの韓国語オンラインレッスン教室10選」をご覧ください。

目次

韓国語の依頼表現

韓国語で依頼表現を作る場合は「あげる・くれる」を意味する補助動詞「주다(チュダ)」を使います。

  1. 尊敬語【動詞+주세요】〜してください
  2. 尊敬語【動詞+주시겠어요?】〜していただけますか?
  3. タメ口【動詞+줘】〜してくれる?
  4. 尊敬語【動詞+주십시오】〜してください


韓国語の依頼表現1.「尊敬語【動詞+주세요】〜してください」

  1. 語幹の最後の母音がㅏ・ㅗ
    →아 주세요
  2. 語幹の最後の母音がㅏ・ㅗ以外
    →어 주세요
  3. 하다で終わるものには
    →해 주세요

가르쳐 주세요
カルチョ ジュセヨ
教えてください

천천히 말해 주세요
チョンチョニ マレジュセヨ
ゆっくり話してください


韓国語の依頼表現2.「尊敬語【動詞+주시겠어요?】〜していただけますか?」

「주시겠어요?」は「〜していただけますか?」を意味する韓国語で、丁寧&控えめな依頼表現になります。

사진 좀 찍어 주시겠어요?
サジン チョム ッチゴ ジュシゲッソヨ?
写真をちょっと撮っていただけますか?


韓国語の依頼表現3.「タメ口【動詞+줘】〜してくれる?」

  • 陽語幹:-아 줘
  • 陰語幹:-어 줘

볼펜 좀 빌려 줘
ボルペン チョム ピルリョ ジョ
ボールペンちょっと貸してくれる?


韓国語の依頼表現4.「尊敬語【動詞+주십시오】〜してください」

주십시오は、固くてかしこまった表現です。

日常的な会話ではなく、書き言葉やアナウンスや案内文などで使用されることが多いです。

조용히 해 주십시오
チョヨンヒ へ ジュシプシオ
静かにしてください


よくある質問「-(으)세요」と「-아/어 주세요」の違い

「-(으)세요」と「-아/어 주세요」はどちらも「〜してください」の意味を含む文法ですがニュアンスが異なります。

  1. 丁寧な命令「-(으)세요」
    (あなたのために)してください
  2. 丁寧な依頼「-아/어 주세요」
    (私のために)してください

日本語訳にすると同じ意味ですが、文法的な使われ方は異なりますので、注意が必要です。


まとめ

韓国語の依頼表現をマスターしよう

ここまでで「韓国語の依頼表現をマスターしよう」の解説は以上です。

  1. 尊敬語【動詞+주세요】〜してください
  2. 尊敬語【動詞+주시겠어요?】〜していただけますか?
  3. タメ口【動詞+줘】〜してくれる?
  4. 尊敬語【動詞+주십시오】〜してください

本記事は以上です。
最後までご覧くださりありがとうございました。

AIが作成している記事なので、誤字脱字や誤った表現が使われている場合がございます。その際はお問合せから間違えている箇所を運営者にお伝えください。

韓国オタクが大好きなツール
スクロールできます
1位2位3位

公式サイト

公式サイト

公式サイト
キャンペーン情報はこちらキャンペーン情報はこちらキャンペーン情報はこちら

どのサービスが自分に合うか知りたい方は「韓国のVPN接続におすすめの有料サービス5選」をご覧ください。

↓視聴方法を知りたい方は下記画像をクリック↓

この記事を書いた人

ハングルマッチのAI辞書です。
よろしくお願いします、、

目次